新食感!なかなか見かけないクロテッドクリームはお取り寄せ

男性

大人気の梅を楽しむ

スイーツ

梅王国のトップブランド

世に流通している食材には地域の名を冠したものや開発者の名を冠したものなどいわゆる「ブランド食材」が多々ありますが、中には学校の名を冠したユニークなものもあります。それが南高梅です。南高梅は和歌山県産の梅の品種の1つで、生産量日本一を誇る和歌山県産の梅の中でも特に有名なブランドとして知られています。なお、読み方は「なんこううめ」と「なんこうばい」の2通りがありますが、生産地での呼び名は「なんこううめ」となっています。南高梅は一般にはその大半が梅干しとして出回っています。しかし通販サイトなどでは梅酒用の青梅やジャムなどの加工食品も購入可能なので、細かくチェックしていけばさまざまなタイプの製品を手に入れることができます。

大粒で実は柔らか

南高梅はもともと明治期に発見・栽培された高田梅という品種をルーツとしていますが、昭和に入ってから地元の南部高等学校の教員並びに生徒が調査に尽力した末に最優良品種として選定されたことから、南高梅と呼ばれるようになりました。現在では、その名は海外にも知られています。南高梅の特徴は、まず粒が他の品種に比べて大きいこと、そして果肉が厚く柔らかいことです。そのためたっぷりとした食感を楽しむことができます。また果肉が柔らかくて傷つきやすいことから機械生産に向かず、ほとんどが手作業によって加工されることも特徴の1つです。それゆえ外観が大ぶりで美しく、見栄えがするため箱入りの梅干しは贈答品として非常に人気があります。